ご存じの方が多いが、先日、コシナではなく、ドイツ・ツァイスから、ニコンFマウント対応のMFレンズ ZF.2シリーズの発売ニュースがあった。

ニコン社は絞りリングを持たないGタイプレンズの開発・販売に移行したので、新しいMFレンズの発売に期待できそうにない。オールドニコンファンに強力な援軍の出現だ。

デジ一カメラは画像編集ソフトによって、レンズの歪みや収差をある程度補正するので、単焦点AFレンズを処分して、高倍率ズームだけにするつもりでいた。

しかし、MFレンズはそのつくりの良さ、操作性の完璧さに惚れて、手持ちのものを処分する気になかなかなれない。カメラがいくら進歩しようが、レンズ自体で絞りをコントロールして、マニュアル撮影ができればそれで十分だと思っているから。

今回発表されたレンズの中でも、Distagon T* 2/35 ZF.2、Macro Planar T* 2/50 ZF.2に特に興味がある。じっくり構図を決めるにはMFレンズが良い。

PI_0192-2009.jpg
detail_zf.2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation