健康建材として、INAX社のエコカラットは大人気。粘土鉱物などの微細な孔を持つ原料を焼成した内装壁材なので、湿気を吸収し結露を軽減したり、ホルムアルデヒドやトルエン等の人体に有害な物質を吸着する。

割れたエコカラットを今日交換しにきた。割れた部分を削り落とし、新しいものにするわけだが、結構割れやすい建材のようだ。汚れやすいということもあり、結局来週にまた続きをやることになった。

つまり、2時間かけて作業したけど、交換作業は終わっていない。しかも、こちらから言いにくいことだが、新たに傷がつけられた!

ひとを困らせる職人さんだな。

下の写真は上から、交換前の状態、作業中の様子、交換後(未完成)のもの。新しい傷は写真の右下角近くに映っている。

091017-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation