国慶節の今日、読売新聞の朝刊に、相変わらず、中国を非難する社説。

研究テーマの材料にはうってつけなので、その観点をリストアップしておく。

 中国の現状を総括する一言、膨張主義。
 共産党一党支配。体制崩壊につながりかねない民主化を力で抑えつける。
 経済至上主義。拝金主義が蔓延し、モラルが荒廃している。
 高度成長は貧富の格差を拡大させ、農村の貧困ぶりが際立つ。
 土地収用を巡る紛争が多発。労働争議が頻発。
 党官僚や役人の腐敗・汚職はとどまるところを知らない。
 民族対立の事態は深刻化するばかり。
 軍事力に関係する国防予算の不透明性。
 アフリカや南米諸国に対するなりふり構わぬ資源獲得外交。
 環境破壊が深刻。世界最大の二酸化炭素排出国。

Comments are closed.

Post Navigation