中国語ソフトを日本語OS(XPやVista)上で動かす場合、多くは文字化けが起きる。メニューやダイアログの内容が読めなかったりする。

そういう時に、この無料ソフト AppLocale を試してみるといいだろう。

概要をマイクロソフトサイトからコピーすると、このような説明になる。
 「Windows XP などの Unicode ベースのプラットフォームは、一般にシステム ロケールと呼ばれるシステム全体の変数 (または Unicode 対応でないアプリケーションの言語) を使用して、アプリケーションの非 Unicode テキスト データを Unicode に内部変換することにより、Unicode 対応でないアプリケーションの実行に必要な言語環境をエミュレートします。Unicode 対応でないアプリケーションの言語は、システム ロケールで定義されているものと同じスクリプトまたはファミリである必要があります。」

説明をみてもよくわからないと思うが、少なくとも、PPLiveはこれで文字化けはなくなり、気持ちよく使えるようになる。

Comments are closed.

Post Navigation