友達とはなんだろう。

「一緒だと毎日楽しいひと」
「何でも話せる、助け合える、分かり合えるひと」
「悲しいときに励ましてくれる大事な存在」
「やっぱり昔のことを気楽に話せる古い友達が一番」
「いくつになっても支えたり支えられたりするひと」
「手紙だけの友人だが、便りをもらうだけで幸せな気分になる」
「一度も会わずに50年文通を続け、若い頃からいかに生きるべきかなど本音を語り合ってきた」

等など、新聞のローカル版に紹介されている。

なんとなく判るようだけど、取りあえず手元の広辞苑で意味を調べてみた。友達だけでなく、ほかの言葉とも一緒に。
 「友達」 親しく交わっている人。とも。友人。朋友。
 「親友」 信頼できる親しい友。仲のよい友人。
 「恋人」 恋しく思う相手。 ← それでは意味が判らないので、恋しいを調べる
 「恋しい」 離れている人がどうしようもなく慕わしくて、せつないほどに心ひかれるさま。

ネットで調べたら、男女のつきあいに、次の5タイプがあるという。
 1 日常的なただのつきあい
 2 仕事でのつきあい(役割関係)
 3 遊びのつきあい レクリエーション
   レクリエーションづきあいに比べて、恋愛は、やりとりする感情や話の種類が多様。
 4 裏のあるつきあい 下心、別の目的がある
   「何かを埋めるための恋愛」は長続きしない。
 5 本音と本音でつきあう純粋な恋愛
   気疲れしない、気づまりでない関係。自分と相手を受容する。心理的防衛をしない。

個人の見方では、友達、正確には親友とは、何でも気楽に話せて、分かり合えるひとのことだが、それ以上でもなく、それ以下でもなく、微妙な関係にいる人たちのことかな。

同性ならともかく、異性と長期間親友であるには、互いに心の距離をいかにバランスよく保つかは重要だし、たいへん難しい。年齢のハードル、距離のハードル、上下関係のハードル等があったほうが結果的に親友として長くやっていけるかもしれない。親友と恋人、同じものと考えれば楽だけどね。

男性に、なんでも話せる友達がホントにすくないと言われているが、同一趣味を共有し、ひとりではあまり楽しめない、例えば、バイクのツーリング、登山等ひとりでは危険なものがあれば親友関係になりやすい。親友がいると楽しみが増えるし、数十年も付き合える友達がいるとその貴重さに感謝せずにいられない。

あなたにそういう親しい友達はいませんか。

Comments are closed.

Post Navigation