ニュースで、アマゾン(Amazon.co.jp)の売上げ、とくに書籍関係、の成長が伝えられている。自分もふだんよく利用しているので、特段に驚くことは感じない。

書籍に専門性あり、店頭でも値引き販売は一般的でないから、Amazonの利用で違和感を感じるひとは少ないだろう。検索能力も高く、対して楽天は全然だめ。面白いのは中古書籍の扱い、本によってはゴミ同然の数百円でリストアップされている。

ライカに追いつくための、日本人技術者の努力を調べたら、ある本に辿りついた。日本カメラメーカーの技術者自身の書いた渾身の力作だと思うが、「非常に良い」程度で数百円。配送料よりも安い。それでも新品価格の数分の一なので、中古にしたわけだ。届いてみたら、全く読まれていなかったようだ。本の帯もそのまま付いている。まあ、専門性があるから、ライカの書籍なんて、興味のないひとにはゴミにしか映らない。

書籍以外の商品も安いのが多い。よく売れる商品は価格.comや店頭のほうが安いケースが多いが、あまり知られていない商品は安いものが多い。しかも、値段がよく変動するので、期間をかけて調べるといいかもしれない。

これからの商品売れない時代、Amazonはますます強くなっていくだろう。

090926.jpg

Comments are closed.

Post Navigation