041019f.jpg

福田知事が赤字が続いている県営宇都宮競馬を2004年度末で廃止すると発表した。「税金で競馬の赤字を補てんすることは県民の理解が得られない」のが廃止の理由だそうだ。

競馬は友達に誘われて、一度だけ買ってもらったことがあるが、全く興味ない。地域経済の状況を考えると、競馬不振はやむをえないのかもしれない。今、地方競馬を主催する団体は全て赤字。比較的経営状態が安定しているといわれている岩手・南関東・兵庫ですら、黒字転換への見通しが立たないといった有様。このままでは地方競馬は本当になくなってしまう。

ただ、宇都宮にはほかに競輪もあるので、公営ギャンブル好きな方に多少の救いが残されている。

Comments are closed.

Post Navigation