ブラウン管テレビが壊れて処分して以来、大型テレビはまだ所有していない。17インチの小型ものは1台残っているし、パソコンでもテレビ番組はみられるから、急いで購入する必要も感じなかった。

それでも引越したので、テレビをどうするか、悩みはじめた。リビングルームが明るいので、プラズマではなく液晶にすること、大きさが46型以上というところがほぼ決まり。問題はそれの置くテレビ台、部屋中の置く場所。

CDとかもたまに聞きたいので、スピーカー内蔵のテレビ台がほしい。となると、選択肢が限られる。レイアウトのことでは、鑑賞するためのソファのことまで考慮しないといけない。なかなか決まらない。

でも、そもそもテレビで見たい番組はあるか、と聞かれると関心の引く番組はあまりない。地上デジタルになっても、チャネルの数は多くなく、9しかない。BS、CSを入れると多少増えるが、有料チャネルが多い。

中国ではケーブルテレビが普及していて、チャネル数が50以上とか、100以上とか、羨ましい限り。しかも、ネット上でも多くのチャネルを見ることもできる。なぜ日本は何十年経っても一向にチャネル数が実質増えないだろう。著作権に非常に煩いテレビ業界、そのメリットは消費者のわれわれに全く伝わってこない。逆に誰が見てもジリ貧の傾向になっている。

テレビはいらない。そう決心したい気分。

Comments are closed.

Post Navigation