6年前に購入したシェーバー Panasonic(パナソニック電工)製交流式・充電式 ES-LA10。内蔵充電式電池がだいぶ弱くなった。充電してもすぐあがるし、ACケーブルを繋いで使っても弱い。交流式と書いてあるが、一旦バッテリーを経由して、バッテリーから電力を取り出しているのかもしれない。

そういうことで、電池交換を試みた。ネット上の情報にしたがい、Amazonからまず電池(パナソニック シェーバー用蓄電池 ESLA50L2507Nという)を調達。799円、ユダヤ系商人か。

150609

150609-1

電池のサイズは単三とほぼ同じ。Li-ion 20という記述があるが、製造日付は見当たらない。初期電圧は約3.6V。

150609-2

つぎに、分解手順書図をシェーバーの取説書から見つけ出し、+型ドライバを用意。

150609-3

あとは、指示された通り分解していけば、電池が現れ、取り替えて、元に戻せば終わり。

150609-4

150609-5

スイッチONしても動かないが、充電したら力強さが回復した。さらに数年頑張ってもらいたい。

One Thought on “シェーバー Panasonic ES-LA10 電池交換

  1. ルパン on 2016年10月8日 at 16:43 said:

    ありがとうございます、新品も安いのは有りますが、直して使えれば、経済的ですな、
    参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation