Vezelのカーナビ(MOPインターナビ)上で、iPod Touchによる音楽再生は実験済みだが、音楽再生の王道はやはりUSBメモリによるものだろう。

そう考えて、超小型USBメモリを調達した。Sandisk 16GB、中国製、820円。ノートPCへの常時装着に適した商品。サイズが小さすぎるため、頻繁に取り外すものではない。

150530

150530-1

150530-2

自宅ファイルサーバにあったFLACファイルを変換してUSBに落とした。カーナビが対応しているフォーマットは MP3、WMA、AAC の三種類。汎用性と容量を考えて、今回は MP3 にした。

USBメモリのファイル構造は、トップフォルダにアルバムごとのフォルダを入れるだけ、というシンプルなもの。250曲を入れてもメモリの使用量は約2GB。容量的には2000曲が入れられる計算だ。

そして、VezelのカーナビUSBポートに装着。USBポートの蓋をきちんと閉めることができ、外部からはUSBメモリがみえない。

150530-3

150530-4

オーディオソースをUSBに切り替えると、難なく音楽再生ができた。

150530-5

TRACKの右上にあるタブをタッチすると、違うGUIに変わり、タブ3つが現れる。

150530-6

左側のUSBタブはMUSIC/MOVIE選択用。動画ファイルをUSBに入れると、MOVIEを選択することによって再生できるかもしれない。

150530-7

中央のタブはフォルダ選択用。

150530-8

右側のタブはフォルダ内の音楽ファイル選択用。運転しながら片手で選択できるドライバ、あるいは、助手席に選んでもらえるなら、後半のGUIが使いやすいだろう。

フォルダやファイル名に使える文字はユニコード、多国語対応のようで、英語・日本語・中国語を混在して使っていてもちゃんと表示され、音楽は再生される。

以上のことで、音楽再生はUSBで決まり。一件落着。CDもHDDも確かに要らないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation