041012.jpg

疲れきったのかな、頭が回転しなくなっている。いつものパターンだと、そういう時には仮眠を10分間も取れば、元気になったりするものだが、いまはそうもいかない。

← 岩手県宮古の浄土浜。懐かしい風景。

最近、「道家」思想の代表、荘子の作品に、すごく興味を持つようになった。しかし彼の難解の文章は、私のような凡人に一生かけても理解できないだろう。

<大宗師篇>
自然の営みを認識し、人間の営みを認識したものは、人知の最高である。自然の営みを認識するものは、自然のままにして生きていくし、人間の営みを認識するものは、自分の知能で認識したことによって、その知能の及ばないところを補い育てていく。このようにして、その天寿を全うして途中で若死にしないのが、人知のすぐれたものである。

昔の真人は、逆境のときでもむりに逆らわず、栄達のときでも格別勇み立たず、万事をあるがままに任せて、思慮をめぐらせることがなかった。生を悦ぶということを知らないし、死を憎むということも知らなかった。その有様は、高々としているが崩れることがなく、何か足りないように見えるが、全く充実している。のびのびとして孤独でいるが頑固でなく、大げさでいてとらえどころがないが、浮ついてはいない。

死があり、生があるのは、運命である。あの夜と朝との決まりがあるのは、自然である。このように、人間の力ではどうすることもできない点のあるのが、すべての万物の真相である。

そもそも自然は、我々を、大地の上にのせるために肉体を与え、我々を労働させるために生を与え、我々を安楽にさせるために老年をもたらし、我々を休息させるために死をもたらすのである。だから、自分の生を善しと認めることは、つまりは、自分の死をも善しとしたことになるのである。

三日経ってから、この世界を忘れることができるようになった。七日経ってから、万物の存在を忘れることができるようになった。九日経ってから、自分の生きているのを忘れることができるようになった。
</大宗師篇>

全篇は人間の生きることに対する教えだと思う。最高の知性とは、自然と人間の精神世界を共に理解し、天寿を全うものだ。自分の置かれた状況をそのまま受け入れ、物事のリズムにそのまま任せ、自分の力ではどうにもならないことを認識し、生も死もよしと思わないといけない。そうすれば、無の極地に到達できる。そういう教えなのだろうか。

Comments are closed.

Post Navigation