単語「平和」と「和平」との違いについて考えてみたい。

<辞書(大辞泉)>
へい-わ【平和】
[名・形動]
1 戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること。また、そのさま。「世界の―を守る」
2 心配やもめごとがなく、おだやかなこと。また、そのさま。「―な暮らし」

わ‐へい【和平】
[名・形動]
1 人や国が争いをやめて仲直りし、平和になること。「―の道をさぐる」「―交渉」
2 世の中や気候などが穏やかであること。また、そのさま。

<NHK梅津正樹アナウンサーのご意見>
平和は状態を表し、和平は状態の変化を示す。だから、使い方に違いがある。例えば
  平和維持 平和主義 平和な国 平和な時間
  和平交渉 和平工作

<中国語との違い>
 現代の中国語には「和平」という単語しかない。昔には「平和」という単語もあったが。

日本語の「和平」も「平和」も中国語に典拠をもつ漢語。「和平」は早くも奈良時代の文献に現れて以来、各時代、各文章ジャンルに亘って多用されていた。それに対して、「平和」は日本での文献への登場が遅く、中世以降に下って初めて散見するようになたが、使用量、範囲が「和平」を下回る。意味用法としては、「和平」は基本的に中国語の本来のそれを踏襲していたが、鎌倉時代の文献にサ変動詞として使われて日本語化した用法もみられ、明治前期頃から「平和」の意味限定化によって本来の中国語より意味範囲が縮小するようになった。つまり、本来「和平」の示す意味範囲の一部が「平和」によって表されたため、意味も用法も狭まることになった。一方の「平和」は元来の物事の一般から紛争や戦争という特殊なことに変わって、限定的にそれのない状態を表す意味となって、今日に至ったのだ。という研究結果もある。

Comments are closed.

Post Navigation