日本の伝統色は色名表現が豊か。名前はたいていの場合は何かの比喩表現であり、由来がある。柔らかな色と独特な名を楽しもうね。

赤は生命の色。太陽や火という。人間にとって欠かすことのできない生命の源を象徴している。太陽によって一日がアケル。そのアケルという言葉がアカになったといわれている。天照大神は天を照らす太陽神、アカはまた、神の色、聖なる色であるといえる。

桜色(さくらいろ)
 その名のとおり桜の花に似た色。わずかに紫みのあるごく薄い紅色。江戸時代の紅染めの最も薄い色。

鴇色(ときいろ)
 鴇の風切羽や尾羽のような色。明るい紫みのある江戸時代の赤。鴇は明治のはじめごろまで全国に生息していた。時色、朱鷺色とも。

今様色(いまよういろ)
 紅花の紅色素で染めた紅梅色の濃い色。紫みの強い色。今様色というのは今(当世)流行の色という意味であり、今とは平安時代をさす。源氏物語にもたびたび登場する。

真緒(まそお)
 赭、朱(赤色の土)に対して天然の朱、辰砂(水銀と硫黄の化合物の鉱物)の色のことをいう。

青は明と暗の中間の漠然とした意味でとらえていたようである。現代の灰色と似た感覚である。また青は未熟なものを指すが、「赤=熟」「青=未熟」という考えによるものとであろう。

秘色(ひそく)
 もともと中国の青磁器の色をいう。ごく薄い緑がかった青。この名前は唐の時代天子への供進のものとして庶民の使用を禁じたことからついたといわれている。

瓶覗き(かめのぞき)
 藍染の中で一番薄い色。柔らかい緑みのある青。藍染は薄い色ではやや緑みとなるのだ。由来は藍染の染液をためておく藍瓶にちょっとだけつけて染めたという意味からきている。

縹色 (はなだいろ)
 藍で染めた純正の青。古代より藍だけで染めたものを縹とう。濃淡によりさまざまな種類がある。
  
瑠璃色(るりいろ)
 宝玉の瑠璃の色。濃い紫みの青。瑠璃とは天然ウルトラマリンの原鉱石であるラピスラズリのことで、古来より七宝のひとつとして珍重された。この冴えた色を藍だけで染めるのは相当な技術を要する。

Comments are closed.

Post Navigation