七夕の日。中国ではまだ1ヶ月先(8月7日)だけど。

7月7日七夕の夜、天の川を隔てて輝く、わし座の1等星アルタイル(牽牛星)彦星と、こと座の1等星べガ(織女星)織姫が 一年に1度だけ逢瀬することを許された夜。

夜空に輝く天の川のほとりに、天帝の娘で織女と呼ばれるそれは美しい天女が住んで居た。織女は、天を支配している父天帝の言いつけをよく守り、毎日機織りに精を出していた。織女の織る布はそれはみごとで、五色に光り輝き、季節の移り変わりと共に色どりを変える不思議な錦だ。天帝は娘の働きぶりに感心していたが、年頃の娘なのにお化粧一つせず、恋をする暇もない娘を不憫に思い、天の川の西に住んでいる働き者の牽牛という牛飼いの青年と結婚させることにした。こうして織女と牽牛の二人は、新しい生活を始めた。

しかし、結婚してからの織女は牽牛との暮しに夢中で毎日はしゃぎまわってばかり。機織りをすっかり止めてしまったのだ。天帝も始めはこんな二人の様子を新婚だからと大目にみていたが、いつまでもそんな有様が続くと眉をひそめざるを得ない。天帝はすっかり腹を立ててしまい、2人の所へ出向くと、「織女よ、はたを織ることが天職であることを忘れてしまったのか。心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」さらに付け加えて、「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、7月7日の夜に牽牛と会うことを許してやろう」と申し渡した。

織女は牽牛と離れて暮すのがとても辛く涙にくれるばかりだったが、父天帝に背く事もできず、牽牛に別れを告げると、うな垂れて天の川の東に帰って行った。

それ以来、自分の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、以前のように機織りに精を出すようになった。牽牛も勿論思いは同じ、働いて働いて、7月7日を待った。こうして、牽牛と織女は互いの仕事に励みながら、指折り数えて7月7日の夜を。

ところが、2人が待ち焦がれた7月7日に雨が降ると、天の川の水かさが増して、織女は向こう岸に渡ることができなくなった。川下に上弦の月がかかっていても、つれない月の舟人は織女を渡してはくれない。2人は天の川の東と西の岸辺にたたずみ、お互いに切ない思いを交しながら川面を眺めて涙を流すのだった。

7月7日に雨が降れば、そんな2人を見かね何処からともなくかささぎの群が飛んできて、天の川で翼と翼を広げて橋となり、織女を牽牛のもとへ渡す手助けをしてくれるのだそうだ。

中国で生まれ日本に語り伝えられたこの伝説は、離れ離れになった夫婦や恋人が相手に逢いたい切なさを表すもの。

李白「長恨歌」の一部 

七月七日長生殿、夜半無人私語時。

在天願作比翼鳥、在地願為連理枝。

天長地久有時尽、此恨綿綿無絶期。

天文学のデータでは、アルタイル(牽牛星)とべガ(織女星)との本当の距離は14~15光年、七夕の日に近づくこともないという。

Comments are closed.

Post Navigation