ゴミだらけのネット空間に比べ、大家や専門家の書いた書物を陳列する図書館が好き。本日、たまたま、『上海にて』が目に止まった。終戦前後の上海をレポートしているような文学作品。作者の堀田氏が1918年生まれ、1945.3.24〜1946.12.28上海にいた。終戦後も国民党に留用されていたという。日本軍、そして国民党に奉仕した彼はなぜか中国共産党に味方し、戦後日本を代表する進歩派知識人だったらしい。その証拠として、ノーベル文学賞者大江健三郎氏が本書を解説し、「中国について日本人が、戦後に書いた、もっとも美しい本のひとつがこれだと」評したのである。

時間をかけ、じっくりと読破したい。本のベースになっていると思われる「上海日記」をも手に入れたい。


中国のネットでは、上海のメインストリート「淮海路」は、最初の名が「西江路(1901年1月30日)」、その後「宝昌路(1906年10月10日)」「霞飞路(1915年6月21日)、英語名 Avenue Joffre」「泰山路(1943年10月8日)」「林森路(1945年10月)」と改名され、1950年5月25日に現在の名になった、との情報に対して、本書では、「アヴェニュ・ド・ジョッフル=霞飞路 → 中山路 → 中正路 → 淮海路」と証言している。また、改名の時期としては、太平洋戦争開始と同時に日本軍が租界を接収して汪精衛政権に返還したときと、1945年日本軍が降伏したとき、1945年上海が解放されたとき、とも説明している。どっちが正しいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation