☆☆☆ 7:30 ☆☆☆
起床後、洗濯、お弁当の用意。

病院からのメールは6時半頃。ゴメンネという言葉も入ってる。そう思わないでほしい。人間は病気するもんだし、好きで急性肝炎になったわけでもない。気にすることないよ。

最近余計なことを考える暇がないので、ストレスが返って減ったかもしれない。ズボンがきつく感じてしまった。メタボではないにしても、家の中では笑いの対象。知人に誰もが自分をメタボとは見てないのに。でも、あまり摂食しすぎないように気をつける。体型は自分の努力でなんとかなるもんだから。

今日も子供を見送ったら、すぐに出勤しようと。渋滞に遭遇したくない。朝からイライラすると一日気分が優れない。

5時に病院に行けるかな。微妙だね。5時半ならなんとかなるかもね。

☆☆☆ 8:30 ☆☆☆
職場に到着。車のなかではいつもローカルFM局ラジオベリーを聴いている。知人アナウンサーのおしゃべりが楽しみのひとつ。彼女は男顔負けのA級ライセンスをもってて、博士学位の取得に頑張ってる。

メールが入ってきた。病院での朝食メニューは、米粒ひとつも入っていない重湯、具のない味噌汁、低脂肪牛乳、無果汁リンゴドリンク、お茶。要するに汁系のオンパレードだそうだ。少しずつ量が増えてるから、このまま続けば退院の日が早く訪れるかもね。期待しちゃおう。

☆☆☆ 12:30 ☆☆☆
病院での昼食はお粥とおかず。点滴は外された。ふつうの生活に戻りつつあるね。週末に退院できるかな。

☆☆☆ 20:00 ☆☆☆
一度家に戻り、乾いた洗濯物をもって、5時頃に病院に駆けつけた。友人が花をプレゼントしてくれた。

見舞いに来たその友人は、数値が異常に高かったのに、よくも昏睡状態に陥ってなくて、ラッキーだったねと言ってた。

でも振り返ると、その時、自分は胃の異常を疑ってて、肝臓を圧迫しても痛みがなかったようで、肝炎の可能性に気付かなかった。目をよく見れば黄疸に気付いたはずだったので、1日早く病院にくれば、入院の必要性がなかったかも。つまり、自分の不注意で、発見は1日遅らせてしまった。

先週木曜以降のブログのプリントを渡した。病室ではパソコンの利用に許可が必要なので、紙で読んでもらう。最近のブログ内容は誰が見ても問題なさそうだよね。

6時頃、夕食の時間。正座して楽しみに待ってた妻をみて笑った。明日からご飯になるのかな。

その後急いで家に戻り、夕食づくりに取り掛かった。今日は残りのお肉や野菜を使ったので、作りすぎた。大食いの子供までもギブアップ。自分が動けなくなるぐらい満腹。メタボのことが気になるけどね。

入院がきっかけで料理づくりにチャレンジして良かったと思う。受験生の子供が沢山食べてくれるので助かる。いま風の若者って料理がうまいのが少ないので、いつか皆にも作って食べさせてあげたい。


夕食

Comments are closed.

Post Navigation