英語学習に最近ハマっている。英語の実力というと、専門関係のものなら、たとえば、Linux系の英語OSや、数学・電子情報通信関係の書籍や論文等は苦なくわかる。一方、専門にそれほど関係のないもの、たとえば、生物関係、植物関係等は苦手。

懸頭刺股に励んでいるのは、英語試験を最近大きく意識し始めたからだ。大学や大学院では英語試験はあったものの、実用英語ではなかったはず。それ以降の数十年間、英語試験を受けた記憶はない。それだけでない。日本語試験でさえ、急に興味が湧きだし、今年にうけたばかりだ。

そういう意識で、来年にはTOEICを受験してみたい。英語力は試験で測れるものかという懐疑が付くのが至当だが、受験してみて自分のモチベーションにしたり、改善すべき点を探し出す手段として活用しない手はない。

さて、受験に際し、自分の知っている語彙数は気になるものだ。TOEICに関しては約3000〜1万語彙数が出題範囲と言われている。ネイティブが知っている語彙数は5万とか10万ともいう。

幸い、ネット上に語彙数推定サービスが提供されている。知っている単語をチェックするだけの怪しい推定法だが、正直なひとには有用なサービスだろう。

ところで、日本語語彙数推定サービスもNTTコミュニケーション科学基礎研究所から提供されている。難しい語彙というと多くは漢字になってしまうところはなんとも情けないところだ。国字と和語だけでテストしてほしいものだ。

それはさておき、このブログはせっかく10年間も書いてきたので、書いた文書から語彙数を推測してくれるサービスを探してみたい。なければ、既存の解析ソフトに、ブログの原稿となるテキストファイルを流し込めばやってくれるかもしれない。

最後に、英語の語彙数と上達度との相関表を載せておく。
141225

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation