今日は文化の日(明治天皇誕生日であり、天長節・明治節だった)。県立美術館や博物館は無料開放だけど、仕事で行けない。それでも、この数日、文化的なことを多くやっていて、悔いはない。

まずは音楽関係。隣のブログサイト「趣味の世界」で書いたように、Jack+Alsaによる高音質再生システムを作ったので、音楽ソースが気になった。当時行ったCDリッピングはフォーマットが違うのと、作業自体にも気づけるべきことがあったことは認識していなかった。ドイツ製Windows用ツール Exact Audio Copy を試しに使ってみたら、エラーと表示された曲が結構あって、やり直すことに決意した。そういうことで、週末は80年代から貯めたCD数百枚を一枚一枚リッピングしなおしている。1枚5分間と結構時間がかかるので、まだ半分も終わっていない。でも、「All tracks accurately ripped」と言う表示があると、とても満足。

141103

つぎは青空文庫からの転送。Sony製ブックリーダーPRS-650はあまり活用していなかった。ファームウェアをバージョンアップしたらすらすらと読めたPDFファイルが重すぎて読めなくなったから。千頁あるPDFファイルをページ捲りだけでも数分かかるという有様。Sonyの技術者がちゃんとテストしていたのかな、疑うレベル。

しかし、epub形式や、xmdf形式なら文書が長くても大丈夫のようだ。ということをこの週末で発見したので、CDリッピングの待つ間、青空文庫txt圧縮ファイル→epub変換(AororaEpub3というツールによる)→ブックリーダーへの転送(ソニー自家製 eBook Transfer for Readerによる)という手順で、好きな作品をブックリーダーにさっさと入れていく。CD一枚リッピングの間に約3作品、計100以上の作品を数時間で入れることができた。

141103-1

音楽と文学作品、暫く文化的糧に困ることはなさそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation