いまさら使う道がないかもしれないが、内蔵バッテリーとSSDを確認する目的で、手持ちのネットブック Eeepc T91MT を分解した。なお、現在稼働中のOSはLubuntu 14.04。

141026

分解の手順だが、裏カバーのネジ12本をまず取り外す。メモリカバーはついたままでも、外した状態でも構わない。つぎに、キーボードを取り外し、キーボード下のネジ9本を取り外す。さらに、液晶ディスプレイ回転軸周りのカバーを外し、その下のネジ4本を取り外す。ネジの数は計25本。

回転軸周りのカバーとキーボードの写真。

141026-1

そして、裏カバーの隙間に、テレフォンカードのようなものを差し込み、爪を外せば、裏カバーが取れる。裏カバーの拡大写真にあった、ネジ止めのところをよく観察すれば、キーボード下のネジや回転軸周りのネジの位置がわかるはず(というか、見えるネジはとにかくすべて外すのだ)。

141026-2

EeePC T91MTの本体裏。バッテリーとSSDがやっと交換できるようになった。

141026-3

バッテリーの型番、および、バッテリーを外した様子。

141026-4

141026-5

SSD。

141026-6

141026-7

64GB容量のSSDはeBay辺りから送料込6千円程度で調達できる。Lubuntuなら数GBの容量でも足りるので、内蔵の32GBは十分だが、アクセススピードの遅さが気になる。

バッテリーやSSD(HDD)がそう簡単に交換できない設計思想は、今流行のウルトラブックと同じだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation