今回のターケットマシンはネットブック。HDDへのアクセスは超簡単。

台湾 ASUS社 EeePC 1000H
OS Ubuntu 14.04.1 LTS 32bit
CPU Intel Atom N270 1.60GHz × 2
グラフィック Intel GMA 950
ディスプレイ 10型 1,024×600ドット(WSVGA)
内蔵メモリ 2GB
内蔵HDD 160GB

前回はSSDがHDDと同容量だったので、ツール gddrescue によるディスク丸ごとコピーで簡単に済ませたが、今回はHDDよりもSSDの容量が小さいので、多少苦労した。

新調したSSDは Samsung 840 EVO 120GB というもの、7500円。中身が東芝製だった前回と敢えて違うブランドを選んだ。

141005

141005-1

141005-2

PCの外付けドライブとして使えるために、いつも持ち歩いている外付け用2.5インチHDDボックスから、中のHDDを取り外し、代わりにSSDを装着。

141005-3

それをノートPCに繋ぎ、さらに、Ubuntu 14.04LTS が起動可能なDVDを外付け光学ドライブに入れ、ノートPCのBIOSを設定しなおし、外付け光学ドライブから起動した。

作業は以下のとおり。

  1. ツールGParted Partiton Editor を使って、SSDのパーティション /dev/sdb1、スワップ領域 /dev/sdb2(/dev/sdb5)を作成する。スワップ領域のサイズは、Ubuntuがデフォルトでは、内蔵メモリ2GBに対して等容量の2GiBを確保し、ディスクの末尾に配置するようになっている。
  2. ツールGParted Partiton Editor を使って、HDDのパーティション /dev/sda1 を、SSDのパーティション /dev/sdb1 と同等か、それ以下のサイズに縮小する。つぎの作業3のコピー時間を考えると、最小サイズ(実際に書き込んだファイル量)に縮小したほうが賢明だろう。
  3. ツールddrescue を使って、/dev/sda1 を /dev/sdb1 にコピー。
  4. ツールGParted Partiton Editor を使って、SSDのパーティションをチェックする。必要があれば修正。
  5. ツール boot repair を使って、/dev/sdb を起動可能にする。
    参考URL: https://help.ubuntu.com/community/Boot-Repair

その後、ノートPCから、内蔵のHDDを外し、SSDをつける。

141005-4

問題なくSSDから起動するはずだが、UUIDが異なるとのエラーメッセージが表示されるので、起動後、コマンド sudo ls -l /dev/disk/by-uuid でUUIDを表示させ、手動で /etc/fstab ファイルを修正すると良い。

こうやって、暫く EeePC 1000H は Ubuntu 専用機として活躍してもらおう。Windowsでは問題だった解像度1024×600がUbuntuではOK。なお、ファンクションキーF11を押せば、アプリがフルスクリーンに拡大表示される。

SSDのスピードをついでに計測してみた。Ubuntu内蔵のツール hdparm を使用。

141007

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation