4月11日に注文したHPのノートPCが昨日やっと手元に届いた。出荷自身もだいぶ遅れたが、どこに出荷されたのか、行方不明なまま10日以上が経ち、問い合わせてやっと居場所が分かった。

このノートPCの特徴はタッチパネルの装備。指先と、ついているペンに反応する。でもおそらくモバイル的な使い方ではなく、デスクにおいて使われるから、ペンや指先でタッチすることはないだろう。ちなみに、本人はディスプレイを指で触るのが極端に嫌い。すぐ拭きたがる。

パネルは回転できる。ちょうどワンセグケータイのようだ。回転してキーボードに倒すと、勿論キーボード操作はいっさいできなくなる。代わりにペンを使うわけだ。面白いことに、ディスプレイを倒すと、その表示内容が90度回転される。ふつうの横置きが縦置きに変わる。さらに、ディスプレイの下部に回転ボタンがあって、押すたびに表示が90度回転する。よく考えて作ったなぁと感心した。

最近のワイドディスプレイは、上下の高さが短い。バナー広告が入ると、とても使いにくくなってしまう。スクロールしてやっと隠れた部分が表示されるから。A4の縦置きディスプレイ、あれば購入するかも。昔、ブラウン管時代、ブラウン管を90度回転させると、自動的に表示も縦置きになるディスプレイもあったね。iPodタッチでも発想は一緒か。

ノートPC自体は12インチサイズだけど、厚みがある。日本メーカーのように薄さがないところが残念。あと、ファンの音は割と耳障り。慣れれば気にしなくなるかもしれないが。

土日は忙しいので、必要なソフトを入れて、金曜に送り返したい。その前にDVDを2枚用意し、システムファイルのバックアップを取らないといけない。このままだとHDDが壊れたら困ってしまう。

さて、今日HP社からミニノートなるものを発売するとの発表があった。世の中、ノートPCに関しても低価格へシフトしていくという流れになってきた。日本メーカーの高価格ノートは淘汰される運命かな。ノートPCに30万も払うなんて確かに異常だ。


080521-1.jpg


080521-2.jpg

Comments are closed.

Post Navigation