040929b.jpg

奇抜なアイデアに気づき、面白いネットゲームをつくった。

それをどこかのゲームソフトハウスに売り込みたい。最も条件のいい会社を探し出し契約し、お金持ちになりたい。

ところが、一番条件のいい会社を探すことが、実はなかなかの難問。ゲームの価値は会社が売ってみないと解らないかもしれないし、会社側の担当者それぞれが違う判断基準をもっている。こちらとしては真価より低い条件では嫌だし、かといって贅沢をいいすぎると、どこからも相手にされなくなる危険性もある。

その上、交渉相手の会社と条件が折り合わず決裂したら、2度と交渉できなくなる。契約してしまえば、さらにほかの会社と交渉することはできない。ただ道義上、同時に複数の会社と交渉してはいけない。

交渉できる会社が10社あるだけど、さて、どのような作戦で交渉をスタートすればいいだろう。

1番目の会社が提示してくれた条件が良さそうなので、そこと契約して終わらせる?
いや、どんないい条件でも、契約は見送り、ほかの会社の評価を見てみたほうがいいかな。だって、会社はバカじゃないし、いきなりいい条件を出してくれたのは、もしかしてホントに凄い作品なのかもしれないからね。

この問題、職探しや恋人探しと似てるよね。ただ、ふつう二股とか三股をかけたりするかもしれないが、簡単化するため、ここでは敢えて二股禁止にしたが、本質は一緒。とにかく、人生ではよく遭遇することなので、普遍性あり、面白い。一度真剣に考えれば損することはないよ。

どう交渉すればいい? 迷うなぁ。

Comments are closed.

Post Navigation