黎明の発表会で、Apple Watch が正式に登場。時計機能以外に、心拍数の測定、歩数計としての使い方ができる。ヘルスケア、フィットネス用に注目された。

腕時計について、日本メーカーもずっと頑張っている。GPS機能付きというのが最近の目玉のようだ。問題は高額すぎ、二十万とか、総貧乏の日本で売れるはずがないし、海外の富裕層は違うものを購入するだろう。明らかに方向性が間違っている。

テレビや腕時計ですべてのことをやろうという発想ではなく、時々刻々とその場で知りたい情報を如何に腕時計というデバイスに濃縮するか、ということを実践するのがアップル流のやり方だと思う。画面の小ささを克服するために、クラウンという操作を考案したという。

腕時計は沢山もっているが、ひとつをAppleにするのも悪くないチョイス。そう思った。

Comments are closed.

Post Navigation