多くのひとと違って、自分はテレビをほとんど観ない。テレビというものは頭に存在していないようだ。つまらないな、と思った時にはPCに向かうし。

対照的に、家内はテレビっ子。夜には必ずテレビの前にいるのだ。相手にしない自分が悪いけど。

自衛隊をやってるわよ。昨日そう教えられた。付き合って観てたら、女性自衛隊員の教育訓練、自衛隊の長距離移動等が次々と出てきた。テレビの娯楽番組に自衛隊が登場してきたとは、世の中も随分変わったものだな、改めて感じた。

自衛隊は格好いい、国のために一生懸命頑張っている、我々のために国を守っている。知らず知らずに国民がそう思うようになるのかな。

調べたら、NHKのテレビドラマをはじめ、自衛隊や日本軍を謳歌する番組は随分あるみたい。高速道路で自衛隊車両と遭遇することもだいぶ増えた。

日本と中国、相容れない国のように見えるが、やっていることがだいぶ近くなったような感じ。国が表に出、力で国民を纏めていく。国民ひとりひとりの幸福よりも、企業や国の利益を優先する。現に日本では、円安、消費税増税、残業代カット、特許企業化等、、個人を利する政策はほとんどない。

Comments are closed.

Post Navigation