兵馬俑博物館からは専用バスに乗って、秦始皇帝陵墓へいくことができる。入場料は兵馬俑博物館の入場券に含まれている。ただ、秦始皇帝陵墓自体はまだ発掘しておらず、地下に陵墓が存在するといわれているが、いま見えるのはただの丘だけ。

ということで、詐欺と訴えられたことが多かったせいか、バス毎の観光客に必ず解説員がひとり無料で付くようになっていて、解説員が説明しながら、2時間かけて1周して終わり、という見学コースになっている。見るものは広大な景色と、現代人が建てた墓石だけという不思議な陵墓地だ。

秦始皇帝陵は行く価値の全くない観光地というのが自分の出した結論。

140513-1.jpg140513.jpg140513-2.jpg140513-3.jpg解説員の話術にのせられて、「秦兵馬俑」という本を購入した。代金150元。兵馬俑の発見者と言われている楊東義さんが目の前でサインしてくれた。でも、よく調べたら、本当の発見者というのを特定しづらく、昔から俑の破片等がよく掘り出されたから。

140513-4.jpg140513-5.jpg

Comments are closed.

Post Navigation