西安事件の跡地である環園が華清池の敷地にあったため、その跡地を見学した。入場料無料。

140512-20.jpg140512-21.jpg西安に訪れた蒋介石一行は、司令部として環園内の五間庁という部屋の棟を使用していた。

140512-24.jpg140512-25.jpg以下は蒋介石の執務室、および寝室。

140512-26.jpg140512-27.jpg140512-29.jpg140512-2a.jpg以下は会議室、および警護SPの寝室。

140512-28.jpg140512-2b.jpg1936年12月12日、軍閥張学良と楊虎城によって、蒋介石が拉致監禁され、最終的に国民党が共産党との内戦をやめ、一致して日本と戦う、いわば、共同抗日と国共合作という結果になった。

しかしその後、楊虎城は蒋介石に殺され、張学良は50年間に渡って蒋介石に軟禁されていた。そういうところを見ていると、蒋介石は大したことがないね、人間的には。

140512-22.jpg140512-23.jpg西安事件は日中戦争を語る上で欠かせない出来事だった。それにしても、中華民国の首都南京ならいざ知らず、西安でも蒋介石の幽霊に出会ったことは思いにも寄らなかった。毛沢東を記念するところはまだ一度も出くわしていないのに。

Comments are closed.

Post Navigation