本日は3連休の二日目、上海の郊外、シャー(にんべん「人」の下に「示」という漢字。「余」の字ではない。)山に行ってきた。

シャー山は上海市松江区に属している。山といっても、海抜99mしかない丘のような高さだが、上海のような大平原ではとても珍しいものだ。上海天文台がそこに建てたのも、少しでも高いことを利用しようとしたからだろう。

地下鉄9号線でシャー山駅で降りると、無料シャトルバスが沢山待っていて、数万人以上いる観光客を快楽谷という遊園施設に運んでくれた。

140502-50.jpg140502-51.jpgしかし、入場料は200元と高い上、自分はそういうところに興味がないので、そこから国家森林公園まで30分かけて歩いた。30℃近い初夏のなか、上海市内では見られないのどかな田園風景を満喫しながらの徒歩は最高だった。

140502-52.jpg

140502-5a.jpg山の手前に来ると、森林公園の入り口が見えた。入場料無料。

140502-53.jpgなかに入ると、すぐに長い階段が待っていた。登っても登っても階段が続くので、とても疲れる。後でわかったが、そこは東シャー山だった。

140502-54.jpg山頂を過ぎると坂道を下って西シャー山を登ることになった。西シャー山には天文台と教会があり、観光には良い。

140502-56.jpg

140502-5b.jpg

140502-58.jpg

140502-59.jpg

西シャー山頂の印。海抜99mとのこと。

140502-57.jpgそこから一望できた上海郊外。上海にある山はここしかないので、こういう風景を見ることは昔は珍しかった。しかし、いまの上海市内では、この山よりも高いビルが数十棟ある。

140502-55.jpg森林公園の西口に降り、92番バスの停留所まで歩き、そのバスに乗って、地下鉄のシャー山駅に戻った。本日の観光はこれで終わったが、公園の坂道で信仰心深い信者を見かけたし、天文望遠鏡の実物を見学できた。

Comments are closed.

Post Navigation