ジャンク X61s のいままでの使用時間が気になっていた。PC本体の使用時間を記録する機種もあるが、一般的には、内蔵されているHDDからSMART情報を頼りに調べれば、ある程度のことがわかる。

さて、職場で使っているメインデスクトップPCのHDDを調べてみた。2008年初に購入した DELL VOSTRO 400MTという機種。CPU Q6600 2.4G, 4GB, 500GB。エクスペリエンスは以下のとおり、今風のノートPCにも負けているが、不満を感ずるところはない。OSはまだWin7。

130926-1.png内蔵HDDのSMART情報。項目名は英語が分かりやすいので、英語にした。値も10進数表示に切り替えた。こんな綺麗に値が揃っているのは珍しいかも。

130926.png確認したところで、いままでの仕事パターンが見えてきた。電源投入回数が2200回から、稼働時間を5年9ヶ月(計2090日)、勤務日数を単純に週休2日、延べ1490日として計算すると、1日約1.5回のPC立ち上げになる。また、使用時間が1万650時間から、1日当たり約7時間の稼働。

休日・休暇・出張等で、実際の出勤日数は1490日に満たないし、職場にいても、PCの電源がいれられない状況や、大震災による停電や節電等、厳密に計算するのは難しい。

HDDのSmart情報はデータ消去だけでは消えないので、プライバシーにうるさいひとはHDDを物理的に壊しておこう。ドリルで穴をあけるとか。HDDの基板も含めて壊さないといけない。

Smart情報の書き換えは素人でもできるか。一度チャレンジしてみたい。

Comments are closed.

Post Navigation