やっと夏らしくなってきた。室温も30度超え、朝から冷房入りの日常になっている。冷房を入れると、GNDが共有していること、室外機のすぐ傍にアンテナがあること等で、アマバンドの受信環境は悪くなってしまった。

それよりも来週の日曜に無線試験が待ち構えているので、最後の仕上げを1週間かけてやらないといけない。試験に落ちたら、恐らく2度と受験することはない。つまり、一生の悔いになるので、真剣に取り組んでいる。

受験勉強の合間に、UbuntuにMaximaをインストールし、さらにGUIとして、Gnu TexMacs を被せて、遊んでみた。試験との関係で、複素数の使い方を調べた。複素関数解析というのが得意な科目だが、そこまでMaximaは賢くない。

以下はメモ用のファイル。

complex.pdf

なお、計算の有効桁数は任意に設定可能。たとえば、100桁で計算したければ、
  fpprec: 100;
  bfloat(%pi);
と、円周率を評価すれば、100桁が確認できる。

Comments are closed.

Post Navigation