低価格の関数電卓が数値積分ができているので、Ubuntuではどうしたら数値積分ができるか、やってみた。

130816-6.jpg

今回は Gnu Octave パッケージを使った。コンソール入力だが、見栄えが多少良くなる QtOctaveというGUIを実際に利用。

➀ まずは計算精度(表示桁数)を高くした。関数電卓に勝てる精度にしないと恥ずかしいので、コマンド format long を入力。format についての詳細は help format で確認できる。これで、15桁表示になる。

➁ つぎは、積分関数の定義。torture test で使用された integrate(cos(ln(x)), 0, 1) を例にした。

function y=f(x), y=cos(log(x)); endfunction

ln() 関数は Octaveでは log() と定義されているようだ。

➂ そして実際の積分操作。

quad(“f”,0,1)

答えは 0.5と一瞬にして出た。関数電卓ならエラーで終わりか、結構計算時間がかかる。

130816.pngついでに、tan(355/226)についても計算してみた。こちらはだめ。Maximaとともに計算結果の精度は信用できないかも。

Comments are closed.

Post Navigation