1週間ぶりにWindows環境に戻ってきた。Windows7内蔵の電卓アクセサリを確認したところ、複素数対応ではないことを再確認した。tan(355/226)の計算は確かに精度がダントツ。

で、複素数計算のできるフリーソフトを調べたら、iMemo(複素メモ)というアプリを見つけた。目下でも精力的に開発が進められているようだ。Window 7 対応とか謳っていないが、64bit 環境でも問題なく使えた。

大変使いやすい。1行ずつ左フレームに入力しておけば、計算結果がその場で右に表示される。Enterキーを押さなくてもだ。虚数記号 i だけでなく、j も使える。i は電流として使われるので、できれば慣習として j がよい。

精度は若干落ちているが、HP35sよりは断然いい。人類を金星まで送り届けるにも問題なさそう。

Ubuntu対応版があれば万々歳だが、残念。Ubuntu版を探す旅はつづく。

130814.png

Comments are closed.

Post Navigation