第1級アマチュア無線技士の受験を控えているので、いろいろと勉強や復習をしている。そのなかで、電波が届くまでの距離を考える内容があった。

証明は省略するが、光学的な見通し距離 d (km) は、地球半径 6470km として計算すると、

130719.pngになるらしい。ただし、H1、H2 は両側の高さ、単位はm。

この式を使って、富士山の見える範囲を計算してみた。この時期は無理だが、冬になると、自宅から富士山がみえるので、気になっていた。噂では福島県までが見えて、そこからは無理とか。

富士山標高3776m。てっぺんだけ見えても富士山だと認識できないので、高さを3700mにした。15階建(高さ40m)からみることとすると、d = 3.58 x (√3700 + √40) = 240km となる。

自宅は富士山までの距離は、Google Earth によると約170km。だから肉眼(光学的)で見えたわけだ。ここから70キロ北は確かに福島県になる。噂は真実だと断定して良さそう。

さて、スカイツリーの直線送信範囲はどこまでか。高さは634mとして計算してみる。受信は高さ40mとすると、d = 3.58 x (√634 + √40) = 112km。計算上ギリギリ届くので、いつかFM電波を直接受信してみたい。

Comments are closed.

Post Navigation