小中学校の教員や警察官が駆け込み退職で社会問題になっている。つまり、今年3月に退職するのであれば、退職金がだいぶ減るので、昨年12月をもって前倒しで退職したという問題。

職場でも同じ事が起きていた。3月で定年退職の同僚が呟いた。約250万円が減らされると。車一台分が大した額ではないと思うかもしれないが、3ヶ月間長く働いたほうが損することがシステム自体の欠陥と言わざるを得ない。

給与の減額、退職金の減額、年金の減額、国全体が余裕がなくなっている。人権や民主主義というのは余裕のない国では絶対に通用しないから、経済の立て直しをまずやらないといけない。他国を差別したり馬鹿にする余裕はないはず。

Comments are closed.

Post Navigation