厳しい冬の到来を暗示する昨日の天気とうって変わって、晴れ渡った本日は買物のついでに、久々にゴミ拾いに行ってきた。まずCD、一枚50円か60円、山のように積まれているが、誰も興味を示さない。可哀想と思って、好きなシンガーを拾った。音楽文化は日本では確実に衰退していくだろう。ダウンロードしたら逮捕するという次元ではない。

そこに、Sony製AVアンプ TA-AV670Gが目に飛び込んできた。ふだんではテレビを見ないし、AVアンプには全く興味はないが、高級そうなサイドウッド、15キロ以上の重さ、覗けばみえた大きなトランスと電解コンデンサ、トランジスタのコンプリメンタリペアも3組がついていて、欲しくなってしまった。

3年前の引越時にSonyのプリメインアンプを捨てたが、やっぱりまだ縁があるということかもしれない。分解して、トランジスタアンプに作り直すつもり。

121118.jpg121118-1.jpg

Comments are closed.

Post Navigation