本人の場合だけかもしれないが,年齢が重なってくると,自分の心との会話ができるようになった気がする.

人によっては,冷静に考える力,バランス感覚,直感とかの言葉で形容されるものかもしれないが.

心からおかしいとの返事であれば,ほとんどの場合無理にやってもやはりいい結末に繋がらない.心が痛むのであれば,やはり後になって反省すべきことがほとんど.

しかも不思議なことに心が喜ぶことはあまりないようだ.よくてもそのまま進行していいよ,極めて冷静な答えしかもらえない.

熱中になって,感情的になって,気持ちがハイになったときに,心の声を聞くことにしている.落ち込むときも,迷うときも.

心とは,自分のなかに,もうひとりの自分のことなのか.私って,2重人格の持ち主なのだろうか.

謎だ,それは.

Comments are closed.

Post Navigation