改正著作権法が昨日成立し、10月から施行されることになった。

今回の改正でとくに注目されたのは、許諾なしに映画や音楽をインターネットから個人がダウンロードした場合、被害者による告訴があると、2年以下の懲役、若しくは200万円以下の罰金を科すということ。

写真についてはどうも対象にされておらず、このブログが継続できそうだが、写真までが取り締まり対象になれば、このブログは止めざるを得ない。

ところが、図書館から借りてCDを聴くのはいいか、レンタルCDは懲罰対象にならないか。だんだん分からなくなる。著作権は本来もっと高尚なもので、一部の利権集団の金儲けの手段ではないはずだが、現状は口実に利用されている。

個人はしかし、ふだん気をつけないといけない。知らない内に犯罪者になるからね。たとえば、カラオケの勉強として、メロディをダウンロードして聴いていると犯罪者になってしまう。Youtubeの映像が面白いと録画するとそれも犯罪者になる。

考えれば考えるほど恐ろさを感じる。ますます居心地が悪くなり、窮屈な国になっていくだな。

Comments are closed.

Post Navigation