040924.jpg

金曜、「秋の童話」をみている。Biglobeから、無料ストリームが各週流れてくるから。

韓国ドラマにはまったのはあの冬ソナから。何がきっかけだったのか覚えてないが、DVDに撮ってるのは第4話辺りからかな。その後の「美しき日々」。ミンチョルことイ・ビョンホンさんとチェ・ジウさん二人の演技にホントに脱帽。兄弟間、男女間、多くの葛藤をよくもここまで表現できたと思う。冬ソナ後半の暗さに比べて、美しき日々では最後まで目の話せない展開。文句なしのお薦め。ハマること請け合い。

今日の童話。10年ぶりに再会した兄妹。兄のジュンソが婚約したにも関わらず、妹のウンソのことはずっと気がかりだった。一方のウンソは苦しい状況に追い込まれていて、突如現れた兄に頼りきっているように見える。互いに相手の不変な気持ちが確認できたところで話が終わり。

さて私がお兄さんならどうする?オーナー息子のテソクがウンソに心が奪われたようだけど、大したライバルではないだろう。婚約者のことは確かに面倒。世間体のことを気にするひとだし、お金持ちの娘さんでもある。それよりもウンソの家族、結構やっかいな存在。どこまで面倒見なきゃいけないか。

婚約解消にそれらしき理由を探さないといけない。好きでなくなった、もっと好きなひとが見つかった。それだけで相手が納得してくれるか。でもこのまま心をウンソに置いてきたらもっと罪深い。ふたりを傷つけてしまうから。10年前は親の都合で別れるしかなかったかもしれないが、大人になったいま、自分の意思で行動しないと後悔するよ。

取り合えずウンソを連れ出して、暫く婚約者ともウンソの家族とも会わない。その間つぎの一手を考える。それがベストチョイスだろうか。

Comments are closed.

Post Navigation