60,70年代では中国全国民の憧れである手巻腕時計「上海牌」を店頭でみかけ、思わず購入。90元(1200日本円相当)。店員さんは在庫新品だというが、怪しい。

日本も中国も機械腕時計が大人気。とくに中国のお金持ちは競って高額なスイス時計を使っている。スイスメーカーの好業績は中国人に支えられていると言っても過言ではなかろう。対して、日本のセイコー等はクォーツ時計メーカーのイメージが強く、人気がいまいち。

機械式腕時計好きなら、その原型である手巻は外さないだろう。優れた材質と、無理のない設計で組立たものなら、メンテナンスしていけば、一生ものも夢ではないから。

この腕時計は、「555」置時計と並び、結婚時の4大神器のひとつと言われていて、60、70年代を生きた中国人に沢山の思い出が寄せられている。

120403.jpg
120403-3.jpg

Comments are closed.

Post Navigation