051001.jpg

昨日に書いた100ドルノートPCのことの続きだけど、自力発電グッズはいくつか既に市場に出回っているね。同じことに気づいたひとが結構いるみたい。エネルギー不足に貢献し、環境に優しく、災害危機にも強い。うまくPRすれば誰もが手放せない商品にできそう。

ネットで探したら、
  災害情報を得るラジオ付き
  明かりが無い時のライト付き
  緊急時の携帯の充電が可能
  電源・電池が無くても手巻きで発電
  災害・緊急時に必要な機能が1台に集約
と謳っている商品は大体5千円前後で売られている。

ただ、私のアイデアはその大きさを工夫する点にある。つまり、つねにケータイと一緒に発電グッズを携帯しないと意味がないので、小さくつくって、ケータイのストラップにつけても邪魔にならない形にしてしまう。あるいは、携帯用ケースに発電機能を内蔵させてしまう方法を取る。

値段も製造コストは千円以下でできるはず。松下ブランドのラジオだって5千円で売ってるので、発電機能はラジオという商品からみれば、そんなにコストの割合は高くないと思うから。

ほかには、デジカメにつけてもよさそう。撮影先で電池切れにならなくて済むから。こちらのほうはケース形式がいいかも。

いまの仕事を辞めれば、こういう変わった商品を作ってみたい。

Comments are closed.

Post Navigation