相続のことを考えるのはまだまだ先だと思うけど、知識として整理したい。

<法定相続人>
 ①配偶者がいれば、配偶者が自動的に法定相続人になる。事実婚や離婚の場合は法定相続人になれない。
 ②子供がいれば、子供が法定相続人になる。子供が死亡した場合は、孫が法定相続人になる。①である配偶者が妊娠中であれば、胎児も法定相続人になる。また、子供に実子だけでなく、養子も含まれる。元夫や元妻との間の子供も、法定相続人となる。さらに、非摘出子も法定相続人だが、相続分は摘出子の半分。
 ③上記②である法定相続人がいなければ、父母が法定相続人になる。父母がいなければ、祖父母が法定相続人になる。
 ④上記の②、③である法定相続人が共にいなければ、兄弟姉妹が法定相続人となる。

120327-2.png

ということで、結構ややこしい。

<法定相続分>

120327-3.png

ただ、法定相続分はあくまでも遺産を分けるときの目安にすぎない。遺言書が残されていれば、遺言書通りに分けることになる。ただし、最低限相続できる遺産の割合「遺留分」というのがあって、遺言書が「遺留分」と抵触したら、法廷で争うことになりうる。

<遺留分>
 「遺留分」は法定相続分の半分である。たとえば、法定相続人が妻、子供ふたりいるケースでは、妻は最低1/4、子供はそれぞれ最低1/8が相続できるということだ。

また、遺言書がない場合でも、法定相続人の間で合意できれば、必ずしも法定相続分通りに分割しなくてもよい。

Comments are closed.

Post Navigation