衣食住、中国人は食を第一と考えているらしいが、一般のひとにとって最も深刻なのは住のことだろう。住む家は買うか賃貸か、そんな議論は大不況の日本では大いに盛り上がっている。

東京都のことは知らないが、ここでは駅周辺の地価が平均10万円/m2。色々と規制があるので、ちゃんとした住まいを建てようとすると150~200m2の土地が必要。そうすると安くても3000万円前後が限度になるし、3000万以下の新築は聞いたこともない。勿論、郊外には安い土地は沢山あるが、いろいろと不便だ。

3000万円の家を30年間住むとすると、ひと月約8万円の支払になる。ローンを組んで買った場合には、金利等で10万円ぐらいになるだろう。いまの大不況下では確かに負担が大きく、諦めているひとが多い。

バブル時代では土地が値上がりするので、30年後全額回収できていたのかもしれないが、いまの日本では30年後のことを考えてもしょうがない。

ところで、10万円の家賃はどんなレベルのところなんだろう。雑誌やネットを見た限り、それなりに立派なところが多い。住んだことがないので、実態はいまいちわからないが。

結局、遺産やお金のあるひとは購入、これからのことを心配するひとは賃貸。ありきたりの結論しか出せない。ただ、買うなら若いうちに決断したほうが絶対に得。住む期間が長ければ長いほど負担が軽くなるし、持ち家の楽しさ、自由さを満喫できるから。

専門家に賃貸を勧めるのが多くなってきているが、国全体で考えた場合、持ち家が経済の安定や発展に寄与することも忘れないで。賃貸で金持ち、そんなことを言っても誰にも信用してもらえず、貧乏大国のイメージが出来てしまう。

Comments are closed.

Post Navigation