テレビとほとんど無縁の日々だが、昨日珍しく国葬をみた。遠い昔、毛沢東の死去を思い出しつつ。

大国に挟まれ、アメリカと直接戦争もした国のリーダーとして、課題を多く残しながらも、それなりに立派に国を統治してきた。とくに自主独立のその外交手腕に世界が幾度も振り回された。

第3代目は若いので、集団指導体制に移行するのだろう。経済発展を望むなら、良い条件が周りの国に揃っていると思うが、自主独立の堅持が損なわれる。

ところで、日本で北朝鮮といえば、そこが人間地獄、いまでも餓死するイメージが強い。北朝鮮の人々が洗脳されているというが、日本人だって洗脳されているのだろう。人々が平和に暮らしている限り、人間地獄などはありえないから。

決して北朝鮮の味方をしているではないが、目を覆いたくなるようなマスコミ報道が多すぎる。世襲はいいとは思わないが、それを問うなら、女王や天皇制も問題のはず。

Comments are closed.

Post Navigation