年金額を気になる年齢になったので、様々な疑問を少しずつ自分なりに考えてみる。老後の人生(とくに稼ぐ力を失った後)には、年金額は生活の質を大きく左右するものだと認識している。

ねんきん定期便が毎年の誕生月に届くのは嬉しいが、ハガキサイズのものと、封筒に入ったA4サイズのものが2種類のあるようだ。調べてわかったが、A4サイズの定期便が35才、45才、59才になった誕生月にしか送ってこない。大事な61才の誕生月になぜ送らないか。60才で定年になるひとが多いので、在職期間中に支払った年金保険料の総額と明細を被保険者に明示することは当たり前のことではないか。ネット上の「ねんきんネット」登録すれば、毎日確認できるかなと思ったら、自分のやり方は間違っているかもしれないが、毎月の納付額を表示させることはできなかった。言い換えれば、ねんきん定期便の情報はすべてねんきんネット上に反映されていない。

年金保険料納付額(累計額)がねんきん定期便でわかる。納付額(累計額)が1,650万円だとして、もらえる年金(老齢基礎年金+老齢厚生年金)は月額16万円のようだ。つまり、65才になって、その後9年間生きていないと、払い損になってしまう。企業もその額を払っているとの噂も聞くので、18年間以上の生存が年金が初めて保険になるのだ。つまり、83才まで生きることが損しない条件になるのか。

上記の企業(雇用主)が社員のために、社員と同額の年金保険料を払っているとの噂を確かめるために、ネット上調べてみた。以下はあるサイトからの引用。

(引用)Aさんの給与明細の厚生年金の項目に記載された保険料は16,470円です。しかし、厚生年金保険料額表では、Aさんの厚生年金保険料(全額)は32,940円となっています。なぜ差があるのかというと、被保険者である従業員のために、勤務先の事業主も厚生年金保険料の半額を負担しているからです(労使折半)。Aさんの勤務先の事業主は、Aさんの給与より天引きした16,470円と、事業主負担分の16,470円を合計した32,940円の厚生年金保険料を日本年金機構に支払っているということになります。(引用終)

上の引用部分の話は本当か。自分がもらったねんきん定期便には雇用主の支払った分はまったく掲載されていない。つまり、給与から天引された額はそのまま、ねんきん定期便記載の保険料納付額の月別状況になっている。自分の働いている企業はブラック企業なのか?いや、そうじゃなくて、国民年金機構はわざと企業の負担分を隠して、年金額の少なさを目立出せたくないのが狙いだろう。

中国上海に住む両親は二人合わせて月額1万1千元(日本円17万3千円相当、為替レート6.3474での計算)の年金をもらっている。両親は公務員でもなく、高級取りの幹部でもなかった。勤めていた紡績関係の会社も両方ともだいぶまえ(1990年代か2000年代)に不況で消えていた。在職中の給与は長らく(20年間?)それぞれ72元と60元だった。当時のレートはいまと違うとはいえ、1970~80年代ではまったく日本人から見向くもされない低賃金(日本円でいうと月額数千円の給与だったか)の両親はいまは日本人国民年金のみの夫婦二人(年満額78,0100円×2=156万円)月額13万円よりも4万円も多くもらっている。厚生年金をともにもらえる日本人夫婦同士よりはまだまだ少ないが。

もう一例。上海の60歳前後の友人夫婦。年金は女性が50歳から、男性が60歳から支給されている。二人合わせて5,600元+4,000元=9,600元(約15万日本円)。男女の差は10年間の加入期間の差の現れだろう。ふたりがともに公務員ではなく、ふつうの会社員だった。

友人の友人に聞いても、状況はだいたい同じ。つまり、夫婦ふたりの年金は上海では1万元(日本円16万円)前後がふつう。夫婦ともに公務員だったら、その1.5倍(日本円24万円)になるのではないか。なお、上海の平均寿命は男性が 80.2歳、女性が84.8歳、日本とそれほど大きな差はない。

中国上海の年金は給付年齢が早いだけでなく、毎年上がっていくのも日本ではなかなか想像できない。物価上昇とはいえ、8年で3,000元から4,000元に増えたのだ。

そう比較すると、日本の年金がすくないことは実感する。少ない主な理由は、国民年金の政府負担なのか。

なぜなら、厚生年金なら、会社員ひとりひとりの支払った分を9年間、あるいは18年間分けて後払いするだけなら、国には何の負担もかけていない。ふつうの保険会社でもできることではないか。

しかし、国民年金の保険料は「定額」で、月16,410円(2019年度=平成31年度・令和元年度)で、40年間(=480ヶ月)かけるとおよそ788万円納めることになる。それを老齢基礎年金で還元すると、10年だけの期間になる。つまり、75才以降生きているひとの年金は他のひとの支払いに支えられることになる。厚生年金でいう労使折半の「使」は企業にかわって国が負担するのだ。

<補足>
送られてきたねんきん定期便にねんきんネットへのアクセスキーがついておらず、個人情報をこまこまねんきんネットに登録したら、やっとユーザIDをハガキで送られてくることにできた。数日待たないとねんきんネットに入れないのだ。

ひとのねんきんネットでの状況を確認してみた。100歳までどれぐらいの年金をもらえるか、のびのびと表示されている。いかにも加入者が得だという雰囲気づくり、あるいは「洗脳」というスタンスには違和感を覚える。

予想死亡年齢の個別入力がなぜできないか、あるいは損益分岐点はなぜ表示しないか。

本記事は、外付け大容量モバイルバッテリー aceyoon 50000mAh をソニーVAIO に使うことに関する内容。

ノートPCの名称はSony VAIO PRO 13(モデル番号 SVP132A1CN)。ソニーブランド末期の機種かもしれない。CPU corei7-4500U、8GBメモリ、タッチFHD、256GB SDD。3年前に入手したもの。スペックを見るといまでも通用する実力だが、自分はほとんど使っていない。なお、バッテリーは有償交換(1.5万円+税)になる。

モバイルバッテリーの出力電圧は調整して設定することができる。VAIOの入力電圧10.5Vに近いものとして、9Vと12Vが選べる。しかし、実験してわかったことは、9Vも12VもVAIOは正しい入力電圧とは認識せず、モバイルバッテリーは使えない。

10.5Vはちょうど、9Vと12Vの中央値。10%の誤差を考えると、10.5~11.5V辺りは使える入力電圧かもしれない。パソコン付属のACアダプターの出力電圧は無負荷時に実測して11.2Vだとわかっている。

ネット上、DC-DCコンバータを使うという情報が上がっている。DC-DCコンバータを使って、12Vを10.5Vに変換して使うという理屈。しかし、12Vと11Vは1Vの差しかなく、大げさにDC-DCコンバータを使う必要はないではないか、というのが自分の気持ち。

ということで、約1Vの電圧降下を得るには、アナログの世界では常識となっているダイオードを使ってみた。

実際に手持ちのダイオードで実験したところ、電圧が11V近くに下がったことが確認できた。問題は発熱でダイオードが熱すぎること。定格電流が3.8Aだとすると、約4W相当の熱を出すわけだ。数分経つと、ダイオードを手で触れないぐらい。そのまま運用すると、火傷する恐れがありそう。

ということで、大きなブリッジダイオード(型番KBPC3510、秋月電子通商が取り扱う。定格電流35A)やアルミケース(タカチ製アルミダイキャストボックス、型番TD4-6-3N、寸法40 x 27 x 60mm)を秋葉原から調達した。アルミケースにダイオードを固定して、ケース一体型で熱を逃がす考え。

大型ブリッジダイオードを使う目的は簡単に金属ケースに固定する方法をほかに浮かべなかったから。

アルミケースは柔らかく、穴開け作業は10分程度で終了した。熱で電線の被覆材が溶かされてもいいように、ガラスチューブをいれたり、空中配線するなどして、工作にある程度の工夫をした。

また、ダイオードを固定するネジをケースの中央にではなく、片側に寄せて配置したのは、プラス側とマイナス側がひと目で確認できるようにしたかったから。アルミケースをパソコンの側に置いて使うので、パソコン側のジャックを短いほうに配置した。

これで、問題なくVAIOに充電することができた。大型ダイオード+アルミケースの効果は絶大で、ぬるい暖かさで、触れないことではなくなった。

やっと手持ちのノートPCはすべてモバイルバッテリーの恩恵を受けられるようになった。

外付け大容量モバイルバッテリーを購入したので、パソコンへの接続ケーブル(充電ケーブル)を検討しないといけない。

2つ前の記事に書いたとおり、ソニー以外のノートPCについては、幸いというか、なんとか充電ケーブルの問題を解決した。

さて、ソニーの2台について、工夫したことを書いていきたい。

パソコン名 Sony VAIO TZ91HS。
OSがまだVista時代の十数年前に購入したもの。コンパクトという点ではいまでも通用するが、Windows10を動かすよりも、自分はUbuntu 16.04LTS 64Bitバージョンを入れて使っている。メモリを2GB、記憶媒体をSSD 128GBに換装した。

モバイルバッテリー付属のプラグAで使えることは使えるが、プラグが長過ぎて、接触不良な状態。

そこで、パソコン付属のACアダプターのDC側ケーブルを真ん中に切断し、標準ジャックとプラグ(外径5.5mm、内径2.5mm)取り付けた。2.5mmの標準プラグにした理由は、モバイルバッテリーのDC出力が2.5mm標準ジャックだからだ。

ACアダプターのケーブルを切ってしまうことに抵抗感を覚えるひとも多いと思う。そうならば、中古のACアダプターあるいは互換品でも構わない。ACアダプターを物色する時間がないことと、切っても元通りにする自信が自分にあったので、今回は切断することにした。この方法を使えば、どんなに珍しいノートパソコンでも充電ケーブルを作ることができるはず。

ジャックとプラグの用意、そして半田付け作業。時間にしては10分、完璧な充電ケーブルができあがり。

ACアダプターを使うときにはACアダプターのDCケーブル側に、外出時にモバイルバッテリーを使うときには直接バッテリーに接続すれば、パソコンが使えるわけだ。

無論、将来のために、パソコン専用のバッテリーをすでに2本購入はしているが、いつまでもバッテリーが購入できるわけでもなく、売値が高くて買う気にならないことに備えるためにも、外付け大容量モバイルバッテリーという選択肢は魅力的だ。バッテリー交換可能なノートPCが少なくなっていることも忘れてはいけない。

パソコンのディスプレイに関し、Macの場合は無条件に解像度が高いほどよいが、Windowsでは、ひとによって最適な解像度というものがある。

しかし、それをしつこく言及するひとはあまりにも少ないので、ネット上に同様な意見をみたら、思わず拍手を送りたいほどだ。

「気になった点は、ディスプレイの問題というよりWindowsの問題なんですが、150%でスケーリング表示されるとにじみます。これは勘弁してほしいです。自分は資料表示用のつもりで買ったのでスケーリングをきりましたが、メインとして使うと「アイコンは大きいがにじみがひどい」か「表示はシャープで綺麗だがアイコンや文字はとても小さい」の二択になります。重ねて言いますがディスプレイの問題ではなくWindowsの問題です。」

上記の文章はAmazonにあったカスタマーレビューのひとつだ。言いたいことはそこに濃縮されている。毎日ほとんどがパソコンの前で過ごし、しかも近視と老眼を患う自分にとってはよく理解できるから。

小さいディスプレイサイズに高解像度を追求すると、必然的に文字のサイズが小さい。毎日十時間以上の長時間でそれを見ていると、近視やストレスになるだろう。いや、文字のスケーリングを変えればいいじゃないか、そう説明するひとやサイトがあまりにも多い。しかし、文字のスケーリングを150%以上にすると、にじみがひどくなるだけでなく、せっかくの高解像度が無意味にしてしまう。画面解像度がフルHDだと、縦方向のドット数が1080になるが、150%にしてしまうと、縦方向のドット数が720でしかない。

キーボードやマウス操作でその場その場で切り替えて使えばいいという意見もあるが、正直言って面倒くさい。しかも、完全な対応でもなく、Windowsの都合にユーザーが寄り添っただけ。

根本的改善策はOSに求めるしかない。Macのようになれば無条件に高解像度に賛成だ。本当に情けないMicrosoft社。

最近、Windowsではなく、Ubuntuを使うことが多くなった。UbuntuではMacほどではないが、文字サイズと解像度との処理に関してはWindowsの上を行っている。無料のOSとしてはよくやったと思う。

いくつの理由でモバイルパソコンを多用になっている。携帯するには小型であればあるほどよいが、実用するには文字サイズとの兼ね合いで、サイズの下限が決まってくる。文字サイズが大きく、素晴らしいと思ったのは、10年前のThinkpad X60等のXGA(1024×768)ディスプレイ。表示エリアの縦サイズはなんと185mmにもあり、いまの15インチディスプレイの縦サイズに匹敵するほどだ。しかし、そういう類のモバイルパソコンは死滅、細長い高解像度という妖怪に駆除されてしまったから。

ということで、低解像度の15型モバイルディスプレイを入手するつもり。

GeChics社 On-Lap 1503A 15インチ 解像度1366*768(WXGA)。表示エリア(344.2×193.5mm)か同類品

Aceyoonの50000mAhというノートPC用モバイルバッテリーを購入したので、各種のノートPCのジャック規格を整理してみたい。

モバイルバッテリー付属DCケーブルの共通したジャックの規格(メス側):外形5.5mm×2.5mm

以下の(A)~(H)の情報はAmazonの商品から得たもので、確認していない。
プラグ(オス側):
(A)6.5mm×4.4mm ソニー・富士通など
(B)6.3mm×3.0mm 東芝など
(C)5.5mm×2.5mm 東芝・IBMなど
(D)5.5mm2.1mm ポータブル機器など
(E)5.5mm×1.7mm ※Acerなど
(F)4.8mm×1.7mm ソニーなど
(G)4.0mm×1.7mm ソニーなど
(H)5.5mm3.0mm サムスンなど

一方、手元のPCで実物確認ができたものは以下。

Sony VAIO PRO 13型(モデル番号 SVP132A1CN)。
付属ACアダプターは出力10.5V、定格電流3.8A、45W。
プラグの中央がプラス電極、出電圧は無負荷時、実測で11.2V。
プラグ番号Fで適応することを現物で確認した。
モバイルバッテリーの出力9Vでも、12Vでも充電不可、工夫が必要。

Sony VAIO TZ91HS。
付属ACアダプターは出力16V、定格電流2.8A。
プラグの中央がプラス電極。
プラグ番号Aで適応。ただし、モバイルバッテリー付属のプラグAは長すぎて、フラフラしていて、接触不良を起こしたりする。
モバイルバッテリーの出力16Vで充電可能。

Lenovo X61S。
付属ACアダプターは出力20V、定格電流3.25A、65W。
プラグの中央がプラス電極。
プラグ番号Kで適応。
モバイルバッテリーの出力20Vで充電可能。

Lenovo X240。
付属ACアダプターは出力20V、定格電流2.25A。
プラグ番号Rで適応。
モバイルバッテリーの出力20Vで充電可能。

Panasonic Let’s Note CF-W5。
付属ACアダプターは出力16V、定格電流2.5A。
プラグの中央がプラス電極。
プラグ番号Cで適応。つまり、プラグがなくても、DCケーブルだけで充電可能。もっとも標準化に寄り添うパナソニックはすごい(本日初めて知ったけど)。
モバイルバッテリーの出力16Vで充電可能。

Dell Vostro 1000。
付属ACアダプターは出力19.5V、定格電流3.34A。
プラグはセンタープラス。
DELL用プラグで適応。
モバイルバッテリーの出力19.5Vで充電可能。

Apple MacBook Air 11、mid 2011
付属ACアダプターはMagSafe 45W、出力14.5V、定格電流3.1A。
別売専用ケーブルで対応(下の写真参照)。
専用ケーブルは型名がPonkor Macbook Pro充電ケーブル、Magnetic 1 L-チップ電源コード。アマゾンでの売値は1299円。
モバイルバッテリーの出力15Vで充電可能。

Apple MacBook Pro 13、mid 2014
付属ACアダプターはMagSafe 2, 60W。出力16.5V、定格電流3.65A。
上記の専用ケーブルに変換アダプター(下の写真参照)をつけると充電可能になる。
つまり、モバイルバッテリーの出力16Vで使用可能。

ノートPCの機種によっては、変換プラグを探すのは大変かもしれない。Amazonあたりで製造コストが高々数百円のプラグを1~2万円で売りつけようとする悪徳業者がいる。ハードオフやヤフオクでACアダプタを安値(数百円)で購入し、ケーブルを切断して標準プラグ(外形5.5mm×2.1mm)を自分で取り付けるのは最も安心で低コストの解決策になると考えている。

手持ちノートPCの中で、ソニーの2台ともが問題あり。他の機種はすべてOK。ソニーの2台はとかしないといけない。

気になったことが一つ。今年の立春はいつだろう。中国では2月3日。日本では国立天文台天文情報センター暦計算室によると2月4日となっている。

ところで、立春とはなんだろう。つまり、その定義とはなにか。

地球は太陽の周りを回っているが、太陽が地球の周りを回っているようにも見える。古代では、地球からみた宇宙を一つの天球とみなし、天球と呼ぶ。地球から見て、太陽が1年をかけてその天球を1周する道を黄道と呼ぶ。春分の時点で、太陽がいる黄道の位置を0度とし、黄道のスタート位置とした。そうすれば、秋分は太陽が黄道の180度に位置する時点をいう。立春は太陽が黄道の315度に位置する時点をいう。

つまり、立春の日にちはちゃんとした天文観測によって精確に決まるものだ。

さて、2017年今年の立春点(黄道315度ちょうどの時間)はいつだろう。自分が精確に測定した値ではないが、ネットの情報によると、日本時間(東京時間)2月4日0時34分だそうだ。中国(北京時間)に直すと2月3日23時34分になる。

つまり、日本では立春が2月4日、中国では2月3日になるわけだ。国によって立春の日が違うのは数百年1回のことかもしれない。

では、最後に質問、中国と日本では、春分が異なる日はあるか。あるとしたら、その西暦年をリストアップしよう。