max()、min()、sorted()等の関数に、keyに違う関数を指定すると、keyで指定した関数で処理される。

a = list(input().split())

# リストの中の一番長いメンバ
print(max(a, key=len))

# リストの中の一番短いメンバ
print(min(a, key=len))

# リストの中の一番頻度の多いメンバ
print(max(a, key=a.count())

# リストを長さの降順で並べる
print(*sorted(a, key=len, reverse=True))

C言語にはなかったスライス表現、慣れるととても使いやすく、簡潔な書き方が可能になる。つまり、for文を使わなくても、同等な表示が可能だ。

リストのスライス表現 a_list[start:end:step]
a_list = [1,2,3,4,5,6,7,8,9]
print(*a_list[2,-1,2]
#3, 5, 7  # 表示結果

リストaの末尾への追加 a.append(x) xがaの末尾に追加される

リストaの先頭への挿入 a.insert(0, x) xがaの先頭に挿入される。ただし、内部ではリストが移動されるので、計算時間はo(N)になるかも。

リストaからの削除 del a[offset] offsetは位置指定

リストaから取りだし、削除する a.pop(offset) offsetは位置指定、省略可(省略した場合はoffset=-1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation