2以上の整数nについて、その素因数の和sf(n)の計算法を考える。

例えば、2 = 2 なので、sf(2) = 2。
6 = 2*3 なので、sf(6) = 2+3 = 5。
8 = 2*2*2 なので、sf(8) = 2+2+2 = 6。

2から30までの整数についての sf(n)の値は以下の通り。
2,3,4,5,5,7,6,6,7,11,7,13,9,8,8,17,8,19,9,10,13,23,9,10,15,9,11,29,10.

計算できる最大値 MAX は適宜変えること。ROOT_MAXはMAXの平方根。関数の実行が終了した時点で、配列sf に2以上、MAXまでの素因数の和が格納される。

Comments are closed.

Post Navigation