点 P(x,y) が線分 (x1, y1)-(x2, y2) 上にあるかどうかを判定する関数。

ここでいう線分とは、両端点をもつ有限長さの直線のこと。線分が実質点であっても、垂直でも水平でも、すべて正しく判定される。また、整数座標ならば、計算誤差は出ない。

Comments are closed.

Post Navigation