Linux Mintのインストールでユーザ名を間違えて入力してしまい、その後それを修正したらパスワード入力が正しくないと拒否され、ログインできなかったときの対策を書いておく。

Linux等は所詮個人用OS、セキュリティに抜け道は多い。OSの再インストールは最終手段だが、そこまでやる必要はない。

基本的には、Linux Mintをrecovery modeで起動すればシングルユーザになるので、パスワードの入力は要らなくなる。後はユーザパスワードファイルを修正すればよい。

OS起動時に、Grubブートを使われるが、そこで、Advance opionsを選択し、その中からRecovery Modeのエントリーを選べばよい。

そしてEnterキーを数回入力すると、コマンドプロンプトが表示される。そこで、mount -a を実行し、ファイルシステムをマウントしておく。

パスワードファイルやグループファイルは /etc ディレクトリにあるので、

で間違いを適切に修正すればOK。なお、groupファイルには、sudoという行に記載されているユーザはsudoを実行する権限を有する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation