コロナ禍によるテレワークの毎日に、スッキリしたPC環境をつくろうと、インテルの名高いNUCを入手した。コスパを最優先に、以下のものを選んだ。

Intel NUC NUC10i5FNK ¥50,499
メモリ SKhynix DDR4-2666 SO 8GBx2 ¥8,118
SSD Intel 512GB M.2 2280 NVMe 3D-QLC ¥9,900
割引 ¥-1,200
計 ¥67,317(税込・送料込)

各パーツの選定理由はつぎのとおり。

Intel NUC。CPUはやはりCore i5以上が必要。ただ、小型なので冷却機能にあまり期待しないほうがよさそう。SSDを2枚乗せられるHシリーズも魅力的だが(とくに今回は売値は同じ)、デザイン的に選んだ。

メモリは韓国メーカー、1枚8GBで約4千円。32GBにする必要はまだないと考えている。動画編集はこのCPUじゃ無理だし。

SSDは自宅NASがあるので、1TBにしてもそれほど意味があるわけではない。Intelはブランドだが、QLCなので、若干の心配はある。

ディスプレイに関しては、3月末に楽天で購入したHP 21.5インチIPS無光沢のが手元にあって、その背中にNUCを乗せたい。

さて、注文して2日目、到着した商品を早速組み立てる。

まず、ディスプレイの背中に、VESAマウントブラケットを固定する。向きは指示された「UP」のまま。

NUCを仮装着。ディスプレイはそれほど大きくないので、NUCの電源SWが上にあるとありがたい(立ってディプレイ越しに上からSWを押せるから)が、横に付いている。上面にSDカードの挿入口、それはよい設計だ。電源SWの位置に若干不満だが、ほかはこれといった問題は感じなかった。用意した長さ15cmのHDMIケーブルも問題なし。

つぎに、メモリとSSDの装着。蓋と内部に繋ぐケーブルはないので、内部までのアクセスは楽ちん。SSD固定用ネジは内部に用意されている。数分の作業で終了。ファンは基板の下にあるかもしれないが、見えない。

完成品を買うよりもキット品のほうが安上がりだし、好きな部品を選べるので、この商品に関して言えば、キット品をおすすめ。

問題が全くないわけではない。NUCの可愛さに比べ、90W (19Vx4.74A) ACアダプターの巨大さに閉口ものだ。それに加えてミッキー型C5タイプACケーブルの太さである8mmはなんとかしてほしい。DC側はふつうの2.5/5.5mm 標準プラグ。ネット情報によると、65W (=19V x 3.42A) ものでも電気容量的にOKのようだ。このうちハードオフから物色してくる。

ハードの組立は以上で終わり、今度はOSやソフトのインストール。探したら、2005年VistaからWin7 ProへのアップグレードDVDが棚から出てきたので、ネットからDLしたWin10 Proにプロダクトキーを入力したら、無事認証に成功。Microsoft社の太腹に感謝。

ただ、有線LANもWiFiもドライバがないと、当初ネットに接続できなかった(最新のWin10にローカルアカウントを使うには、ネット遮断が唯一つの方法だが、本NUCに関してはそんな自衛的裏技はいらない。Intelの技術なさなのか、ユーザの心をよくわかっているか、結果的にOK。)、手元のUSB-LANアダプター(バッファローLUA3-U2-ATX)をつけたら無事ネットが貫通し、OSのアップデートやNUCドライバが更新できた。

NUCのBIOSは自分に新鮮、マウスが使えるから。Blue LEDの明るさを10%にしたり、HDDアクセスLEDをオフ(0%)にしたり、細かいところまで気を使ってくれたところがよい。かといって、LANアクセスLEDや内部の緑LEDは減光できない。それもIntelのいい加減さというか、コスト優先の側面は否めない。

作業は数時間で終了。OS、ドライバ、SSD性能のスクショは以下のとおり。

これで、テレワーク専用機が無事に完成。外出自粛なので、室内の移動なら21.5インチディプレイでもなんとかなる。しかし、こんなサイズのノートPCはまだ存在しないし、NUCキット(core i5-10210U)+16GBメモリ+512GB SSD+21.5インチIPS無光沢LCDを8万弱で手にできた時代はありがたい。

ノートPCのサイズで悩むより、室内移動可能な21インチをおすすめ。PCを背中に乗せれば、片手で運べる。

最後に、本NCUを実測したWindowsエクスペリエンスインデックスを示す。グラフィックスはCPU内蔵のおまけなので、しかたがないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation