前後異なる2つの日付に対し、間の離れた日数(差)を算出する関数。

例えば、2004/8/10 から 2004/8/15 まで の日数(差)は 5日、といった具合。

前後関係はが逆になっていれば、マイナスの結果になる。
例えば、2004/8/15 から 2004/8/10 まで の日数は -5日、との計算結果。

<関数名>
  dayDiff —- 2つの日付の間の日数を算出する

<形式>
  int dayDiff(int year1, int month1, int day1, int year2, int month2, int day2);

<引数>
  year1, month1, day1 前の日付。西暦年月日。
  year2, month2, day2 後の日付。西暦年月日。

<関数値>
  日数。マイナスの値であれば、日付の前後関係が逆になっていることを示す。

<注意事項>
  引数として渡された日付の実在性チェックはしない。
  関数 ut2jd()ユリウス日への換算)が必要。

用例
  dayDiff(2003, 8, 1, 2004, 9, 11);

<関数本体>
  dayDiff.c

<説明>
  内部では、2つの日付をそれぞれ、ユリウス日に換算してから、差の算出を行う。

Comments are closed.

Post Navigation