ある日付に対し、n日後の日付を算出する関数。
nの値をマイナスにすれば、n日前の日付になる。

例えば、2004/8/10 から 5日後の日付は 2004/8/15、といった具合。

<関数名>
  dayAdd —- n日後の日付を算出する

<形式>
  void dayAdd(int *year2, int *month2, int *day2, int year1, int month1, int day1, int n);

<引数>
  year2, month2, day2 (出力)n日後の日付。西暦年月日。
  year1, month1, day1 (入力)基準となる日付。西暦年月日。
  n (入力)n日後。マイナス値にすれば、n日前になる。

<関数値>
  なし。

<注意事項>
  引数として渡された日付の実在性チェックはしない。
  関数 ut2jd()ユリウス日への換算)が必要。
  関数 jd2ut()ユリウス日からの換算)が必要。

用例
  int year, month, day;
  dayAdd(&year, &month, &day, 2004, 8, 1, 11);

<関数本体>
  dayAdd.c

<説明>
  内部では、基準日をまずユリウス日に換算してから、nの値を足し、最後に西暦年月日に戻す。そんな処理を行う。

Comments are closed.

Post Navigation